【ラッピング不可】 にとたんラバマス ② 10種類コンプ ラバーマスコット 呪術廻戦 アニメイト ストラップ

れいる様専用 チューリップ ドクターイエロー ネームタグ フェルト 名札

CHANEL シャネル N° 5 ルースボディパウダー 145g

『日本人なら必ず誤訳する英文』を読んだ。
LSI Logic Controller Card 05-25699-00 9305-24i 24-Port SAS 12Gb/s PCI-Express 3.0 Host Bus Adapter Single Pack
書評でもさんざん指摘されているが
タイトルの挑発的なこと。
「“必ず”って、必ずなんだな?」と言いたくなるよね。
どこかには「英語自慢の鼻をへし折る」とも書いてあったらしい。

出版物のタイトルというものは、大人の事情が絡む。
この本もそうなのだろうと思う。
#1886【綺麗な高級感】メンズ 懐中時計 エルジン ELGIN 機械式 手巻

この本を「日本人」や「英語」という切り口で読むのは
不適切だろう。
これは、母語とも母国文化とも縁の遠い言語間での翻訳という
特殊な作業をしたい人向けの適性検査なのだと思う。
著者はその作業のプロである英→日の翻訳者を養成する立場から、
翻訳者の卵たちを叱咤激励し、必要な技術を伝授しようとしている。

適性という意味で、以下の3つが著者のポイントだろう。
同じことが繰り返し強調されている。

1.「わかったつもり」にならないこと
「英文の構造を理解せず、『だいたいの雰囲気』だけで
訳そうとする」(p.20)
「行きあたりばったりのいいかげんな読み方を放置しているかぎり、
この種の英文の誤読は果てしなく繰り返される」(p.40)
天板・トレイ・カッティングボード(ブビンガ)
せいぜい表面的なコミュニケーション能力が身につくばかり」(p.84)
「[訳出の際に鍵となる語を]平気で無視する、というより、
これが目に留まらない人があまりにも多い」(p.196)

2. 言語的“感度”が高いこと
「『予想→確認』または『予想→修正』」
「[最低限の文法的知識]だけでは不十分で、ときにはこの
マリメッコ
「誤読→違和感→修正」
i▼自社エリア配送無料!松田家具 フィートレンジ キッチンボード
読み直す気になるはず」(p.135)
「[知っている語に違和感を覚えて]辞書を引くだけの感度のよさ
(と、もちろん辛抱強さ)も実力のうち」(p.198)

3. 母語の能力が高いこと
「訳せないのは読めていないから」(p.84)
「日本語の運用力と英語の読解力は、99パーセントの生徒について
完璧に比例する」(p.187)


日本人で英語がちょっと使えるからって、翻訳ができるとは限らない。
翻訳ってそんなに甘いもんじゃないよ、と言いたいのだろう。
私は翻訳のプロではないが、最近、そう言いたくなる場面があったので
溜飲が下がった。
翻訳関連で、日本語が下手で、言葉づかいが雑で、
辞書を引かずに失敗した経験をきっかけに
もっとラクに翻訳する方法を探している、という人に出会ったのだ。
お値下げ⭐︎取りに来ていただける方限定⭐︎ Franfranキッチンカウンター

英語学習という観点では、
このくらいの慎重さをもって言語に臨んでもらいたい気持ちは
IWC時計空箱
学習者の中で、ある程度翻訳の適性を持ち合わせているタイプの人には
薦めてもいいかなと思う。
ただ、私は大事な学習者たちの“鼻をへし折る”ようなことには反対だし、
日本人学習者の多くは、哀しいかな“表面的なコミュニケーション”にも
至っていない状態なので、せっかく読んでも伝わる部分が少ないだろう。

個人的に目からウロコが落ちたのは
「左から右へ」(p.20、p.36) というごく当たり前のことが
多くの日本人にはできていない、という点。
ほほー。
翻訳でも会話でも、流れてきた順に英語を受け止められず、
エンドレス ブレーキパッド リア用 SSY スカイライン V36
そのせいだったのか。
文法をパズルのようにして順序を入れ換えるなど、
視覚的に見せる教え方に一定の効果があるのは間違いないが、
日本語母語話者の英語学習においては
負の影響が大きいのかもしれない。
学習者の発話や理解を観察する上で、今後注目していきたい。


越前敏弥.(2009). 越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文:あなたはこれをどう訳しますか?
ディスカヴァー・トゥエンティワン.

トミカタウン おしごと体験 水で洗おう!じゃぶじゃぶ洗車場
ベビーベッド ミニベッド プチバニラ KATOJI カトージ ハイタイプ 送料無料
10種類コンプ ② にとたんラバマス ラバーマスコット アニメイト 呪術廻戦
社外アルミ 155/65R13 MRワゴン ワゴンR ムーヴ ザッツ ライフ